4月21日 注目記事とオススメの銘柄

私が本日注目した記事は「FRB総資産、日銀を抜く 「量的緩和」ドル安要因に」です

米連邦準備理事会(FRB)の資産が拡大し、4月に入り日銀を追い抜き両者の差は今後広がっていく見通しとのことでした。FRBが紙幣を印刷し大量の国債を買い込み、市中の資金供給量が増えることで、ドル安の要因になります。そうなると相対的に円の価値が高まる円高状態になる可能性が高く、リーマン危機時にも円高で日本の製造業が低迷したこともあるので、今後はFRBの動きも見ながら為替リスクを考慮し投資先を選んでいく必要があると感じました

それを踏まえた上での注目銘柄は、銘柄コード:6062 チャーム・ケア・コーポレーション です

チャーム・ケア・コーポレーションは近畿を中心に介護付き有料老人ホームを展開する企業であり為替の影響等も受けにくい銘柄です。既存の老人ホームの稼働率は高く、首都圏での認知度も向上し、新規に開設されたホームも順調に入居数を増やしています。首都圏での高価格帯を中心とした新規のホームの開設により営業増益が続き、2015年6月期に1億1300万円だった営業利益は、19年6月期までに約12.5倍の14億2300万円まで成長しています。株価のチャートは長期で見ると右肩上がりで上昇を続けており、現在市場環境の悪化から売り込まれる展開となっていたものの再度上昇のトレンドを取り戻しています。まずは直近の高値1200円程度を目指し株価は回復していくと予想します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です