注目記事とオススメの銘柄

私が本日注目した記事は「コロナ後の企業中長期ビジョン、投資家が注視」です

新型コロナウイルス感染拡大の影響から決算発表を延期したり、業績予想を未定とする企業が増えているそうです。そうなると、株価の先行きを判断する材料が乏しくなり、投資家はコロナウイルスの影響を見通しづらくなってしまいます。そんな中、コロナ終息後の上昇余地のある企業はどこであるかを予想する際に、企業が投下した資本からどれだけ効率的に利益を生み出したかを測るROIC(投下資本利益率)の高い企業が注目を集めており、実際に同指標の高い企業は株価が長期的にも上昇しやすい傾向があると分かっているそうです。

それを踏まえた上での注目銘柄は 銘柄コード:3925 ダブルスタンダード です

ROIC(投下資本利益率)は、どれだけ効率的に利益を稼いだかを示す指標であり、数値は高ければ高いほど良く、日本企業の同指標の平均は2019年3月期で6.8%、欧米企業は10%です。19年3月期のダブルスタンダードのROICは34.6%と高く、今後の株価上昇率は市場を上回っていく期待のもてる銘柄であると言えます。ダブルスコープは、企業向けビックデータの生成、提供と活用サービスの企画開発を行う企業です。AI身分証システムを始め複数のサービスが販路を拡大し、受託の活況が続いており、着実に増収・増益を続け、今後も高い成長性が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です