5月1日 日経平均株価予想レポート

【本日は下落を予想】

昨日の日経平均は心理的節目の2万円台を超え、本日は利益確定の売りが先行すると考えられる他、大型連休を前に持高の調整に動く投資家が多く、上値の重い展開が予想されます。日経平均株価は、約1ヶ月半ぶりに2万円台を回復しました。株式の売られ過ぎ・買われ過ぎを判断する騰落レシオでは、短期的に(6日平均及び10日平均)買われ過ぎのサインが点灯しており、ここらで利益確定の売りに押される可能性があります。また、ニューヨーク市場の寄り前に発表された米新規失業保険申請者件数は市場予想を上回る悪化となり、3月中旬から6週間で申請者は3000万人を超えました。これをニューヨークの主要3指数は揃って下落しており、日経平均もこの流れを引き継ぐ可能性が高いとみます。一方で、ドル/円の為替相場は昨日の引け後から60線以上の円安が進んでおり、それを下支えに底堅い展開になる事も留意する必要がありそうです

5月1日 日経平均株価予想レポートからは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です