5月1日 注目銘柄(システム情報 銘柄コード:3677)とニュース記事

本日注目した記事は「日経平均、2万円回復 2カ月ぶり、産業変化にらみ選別」です

4月30日の日経平均は3月6日以来約1か月半ぶりに心理的節目の2万円台を回復し、ニューヨークダウも月間ベースで19年12月以来、4カ月ぶりに上昇しました。

株価の上昇をけん引したとされるのが、新型コロナウイルが追い風となって成長が期待される銘柄でした。新型コロナウイルが世界に広がり、人々の働きを中心に大きく社会が変化することが予想されます。

遠隔医療、テレワーク、巣ごもり消費などのテーマが新しい需要として誕生し、今後世の中に浸透していく中で、どのような企業や産業に恩恵が波及していくのか、改めて考える必要があると感じました

注目銘柄 システム情報 銘柄コード:3677

システム情報は、テレワークやオンライン診療の関連銘柄として注目が集まることが予想されるシステムインテグレーション企業で、受託開発を中心にソフトウエアの企画・設計から保守まで一連の技術サービスを提供しています

CMMIやPMPをベースとした当企業独自のシステム開発標準(SICP)に基づくプロジェクト管理を徹底し行い、最高純益を更新し続けています。AI、IoTなどの先端的な技術を活用した「デジタルトランスフォーメーション(DX)」推進の動きが拡大していることに加え、テレワークなどの特需なども重なり今後も高い成長が期待できます

株価は800円台に入り横ばいで推移していますが、4月31日に5日移動平均線が75日移動平均線を上回るゴールデンクロスをしており、テクニカル的にもここからもう一段の上昇が見込めます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です