5月5日 注目銘柄 日本エム・ディ・エム 7600

日本エム・ディ・エムは人工関節と脊椎固定器具、骨接合材料を中心とした整形外科器具の専門商社機能と開発主導型メーカー機能を担った企業です。4月30日に発表された2020年3月期の決算で悪材料がほぼ出尽くしたとみられ、2月以降大きく売り越されている当銘柄には買い戻しの動きが期待できます

4月30日に発表された決算では、売上高が180億8300万円(前年同月比+8.1%)となり、売上高と純利益はともに過去最高を更新したものの、目標数値だった売上高188億円に対しては未達成でした

主な理由としては売上高の4割近くを占める米国での新型コロナウイルの感染拡大により、感染患者用の病床を確保するために、緊急性の低い手術治療を遅らせる施策がとられ、多くの人工関節置換術が延期され手術件数は減少したことが上げられます

しかし、手術件数は一時的に下落する見通しではありますが、治療を必要としている患者数が減ることは考えづらいため、コロナウイルのピークアウトに合わせ、人工関節置換や脊 椎固定の治療が再開され、業績も以前の高い水準に戻ることが予想されます

現在の株価は1500円前後で推移し、年初来安値からの戻しは市場全体よりも鈍く、上昇余力を残している値段であると言え、今後2カ月から3カ月の間は相場全体を上回る勢いで株価は持ち直していくと予想します

5月1日終値:1577円  目標株価:2000円  損切りライン:1400円  保有期間3カ月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です