5月8日 注目銘柄(ダブルスタンダード)とニュース記事

本日の注目銘柄は、ダブルスタンダード 3925 

ダブルスタンダードは、企業向けにビックデータを生成・提供と活用サービスの企画開発を行う企業です。ビックデータを用い合理的に使える営業用アタックリストの作成や、金融機関のWeb口座開設の際に、今までは人間が手作業で行っていた本人確認書類の読み込みを自動化できるシステムなどを提供しています

2015年3月期に5億2100万円だった売上高は、20年3月期に6倍の35億6000万円を見込む水準にまで成長しており、今後も企業の省力化や業務の効率化を図る動きは活発に維持していくと予想され非常に注目の銘柄です。財務の健全性においても、有利子負債はなく自己資本比率が82.4%(50%以上が高いとされる)と高く、安定した経営を行っていくことができると分かります

株価は5日連続で心理的節目のライン4000円(終値ベース)を維持し、底堅い動きをしております。また、5月8日に短期移動平均線(25日)が長期移動平均線(75日)を突き抜けるゴールデンクロスが形成されており、ここからもう一段の上昇が期待できます

5月8日終値:4080円  目標株価:5250円  損切りライン:3780円  保有期間:2カ月間

本日注目した記事は「丸紅、配当最大57%減 今期15円下限に、純利益1000億円どまり 財務を改善」です

新型コロナウイルの感染拡大により幅広い事業が悪影響を被る状態となっています。このような危機の中では、守りにつよい財務の健全な企業を選定していく必要があります。ただ一方で安全性を高めるあまり、成長する機会を失っていては、今後の株価上昇は見込めません

丸紅は財務の健全性を示す純負債資本倍率(ネットDEレシオ)を現在の1.16倍から、1.0倍まで改善させる方針であると表明しています。この指標は長期の支払い能力(安全性)を見るときに使われる指標で、値が1を上回ると負債が多く、1以下なら資本が多いと判断することができます。この指標と合わせ、成長性も鑑みて銘柄を選定していくことが重要だと感じました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です