5月12日 日経平均株価予想レポート

【本日は下落を予想】

方向感が定まらない中で、ここ3日間で770円程度上昇し短期的の過熱感のある日経平均では売りが先行すると予想します。11日のニューヨーク市場では、情報通信技術セクターを中心にハイテク株比率の高いナスダック総合指数が続伸したものの、セクター別騰落率では、金融やエネルギーといった景気敏感株を中心に売られており、投資家心理の冷え込みが伺えます。株式の売られすぎ・買われすぎを判断する騰落レシオでは、5日・10日・15日平均全てで買われすぎのサインが点灯しています。また、中国や韓国で集団感染が発生したと伝わっており、感染第2波への警戒感が高まっていることにも注意が必要です。一方でドル/円の為替相場は、昨日の株式市場の引け後から50銭程度円安が進んでおり、それを支えに株式市場は輸出関係銘柄を中心に底堅い動きをする可能性もありそうです

5月12日 日経平均株価予想レポートからは以上です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です