5月15日 注目銘柄(ピアラ)とニュース記事

本日の注目銘柄は、7044  ピアラ

ピアラは主に化粧品や健康食品等の領域に特化したEC(電子商取引)マーケティング及び広告マーケティングのサービスを提供している企業です

コロナウイルスの影響を受け実店舗での売り上げが伸び悩む小売店や飲食店など多く見受けられます。そんななか、新たな収入源の手段としてオンライン通販を始める会社が増えると見込まれ、ECマーケティングの当企業には強い追い風が吹いています。同社が5月13日に発表した2020年12月期第1四半期(1月~3月)の決算でも、売上高が36億8578万円となり前年同期比30.6%となりました

同社の一つの特徴である成功報酬型の料金体系は、あらかじめ定められた価格のみの支払いで済み、顧客単価が確定・保証されているためクライアントとしても安心してサービスを導入できます。不景気のなかで先行投資に対する不安が高まっており、顧客単価が保証されているという特徴は非常に現状の経済状況に適しているサービスであり、今後の事業拡大にも期待ができます

新型コロナウイルスに対する影響に関して同社は、4月6日に適時開示し、影響は微減であり業績に問題はないとしましたが、コロナショックの煽りを受け株価は年初から大きく値を下げています。4月3日に年初来安値をつけてから株価は回復傾向にありますが、5月に入り過熱感が高まったことで利益確定売りに押され、5月15日に75日移動平均線を割り込みました。長期移動平均線を下回り割安感がでていることから、短期的にも押し目買いによる自律反発に期待ができます

5月15日終値:1476円  目標株価:1990円  損切りライン:1990円  保有期間:1カ月  

本日注目した記事は「世界にコロナ「第2波」懸念 パンデミックは序章」です

新型コロナウイルが年明けから猛威を振るい、世界的に都市封鎖や行動制限の動きがみられました。一部の地域で経済活動を再開した国などもありますが、再流行の兆しが出ており、感染拡大の第2波に対する懸念は払拭できない状況が続いています

新型コロナウイルスのワクチンなどが完成しないまでは人々のライフスタイルは以前の様には戻らないのではないかと思います。何度も言われていますが、新しい消費者行動に合わせ企業も変化していく必要があると感じます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です