5月19日 注目銘柄(Link-U)とニュース記事

本日の注目銘柄 4446  Link-U

Link-Uは、自社設計したオリジナルサーバーを基軸としたデータ配信システムと、データを適切に蓄積・分析・処理するAIソリューションを合わせたサーバープラットフォームを提供している会社です。漫画アプリや電子書籍に強みを持ち小学館「マンガワン」などを運営しいます。想定よりも長引くことが予想される巣ごもり消費需要の関連銘柄として注目です

海外では日本に先行し都市閉鎖の解除に踏み切っている国が多々あります。しかし、チリではピークを越えたと思われていたものの、新規の感染者が急速に増えだすなど、国内でも緊急事態宣言の解除をした県において感染拡大の第2波に関する懸念は根強く、巣ごもり消費関連銘柄にも継続して資金が流れていくのではないかと考えます

同社は、今年の1月には「NHK出版」と語学学習アプリの共同開発を発表したほか、4月16日にも無料動画アプリ「BuzzVideo」を運営するByteDanceとマンガコンテンツの新規配信で業務提携し、アプリを通じて電子マンガコンテンツを配信すると表明しており、他のは有名企業との業務提携が続いています

3月13日に行われた直近の決算発表では、同社の電子書籍などの主要サービスの月間アクティブユーザーは毎月12%のペースで増え続け、前年同月比より69%増加しているとしました。コロナによる自粛の動きは今後も長引くことが見込まれ、巣ごもり消費関連銘柄として当社にとっては引き続き追い風が続き高い成長が見込まれます

株価は4月14日に年初来高値の2643円をつけたあと下落を続けていますが、5月18日に反発し本日も引けにかけて押し目を狙った買いが入ってきています。3月13日と4月6日に下値の抵抗線を張り、徐々に底堅い動きとなっており、近いうちに再び上昇トレンドに戻ることが期待できます

5月19日終値:1857円  目標株価:2270円  損切りライン:1600円  保有期間:1カ月半

本日注目した記事は「強い財務 マネー見極めレナウンの破綻、契機に」です

アパレル大手のレナウンが上場企業で初めてコロナウイルスの影響を受け経営破綻し上場廃止となり、上場企業の破綻は財務の健全な企業に資金が集まり始めるきっかけなるのではないかと思います

日経新聞の調査によると3月のはじめを起点とした場合、低リスクの銘柄が市場をアウトフォームしています。コロナウイルスの感染拡大が長引けば、さらに企業の売上などの業績の重となり、財務を圧迫する可能性があり、今後もコロナの問題がある程度収束するまでは手元資金等の厚い会社にお金が流れていくのではないかと考えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です