5月29日 日経平均株価予想レポート

【本日は下落を予想】

米中関係の悪化が懸念され、ニューヨークの主要3指数は揃って下落しました。本日の日本市場もその流れを引き継ぎ、売りが先行すると予想します。米のトランプ大統領は、29日に中国についての記者会見を行うとしました。これを受け、香港問題を巡り米中対立の激しくなるとの見方が強まっています。前日比で上昇して推移していたダウも、大統領の表明後、下落し取引を終えました。また、日経平均はここ4日続伸し上げ幅は1500円を超えており、騰落レシオにおいても6日・10日・15日・25日の全てで買われすぎのサインが点灯しています。週末と月末を控え、利益確定や持高調整の売りが出やすく、上値の重い展開となりそうです。シカゴの日経平均先物の価格も下落しており、寄り付から安く始まると考えられます

5月29日 日経平均株価予想レポートからは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です