7月8日 注目銘柄 TOWA

注目銘柄 6315 TOWA

TOWAは超精密金型をコア技術とし、樹脂によって半導体と外部を電気的に絶縁して封止するための「モールディング装置」、モールディングされた製品を個片化し収納する「シンギュレーション装置」といった、半導体後工程装置の製造・販売を行う大手メーカーです。モールディングとは、スマートフォンなどに使われる半導体を外部からの衝撃・温度・湿度などから守るために樹脂で覆い固める技術のことで、同社はモールディング装置のシェアで世界トップを誇ります

新型コロナウイルスの感染拡大で在宅勤務やオンライン学習などが普及し、パソコンやサーバー向けに半導体の需要が伸びると見込まれています。日本半導体製造装置協会(SEAJ)が、7月2日に発表した2020年度の日本製の半導体製造装置の販売額も、19年度比で7%増の2兆2181億円になる見通しであるとし、米中貿易摩擦で落ち込みを見せた半導体需要の本格的な復調が期待されています

半導体は回路の線幅を微細にするほど性能が高まることから、近年の高性能スマートフォンやIOTの普及に伴い、半導体の微細化・積層化が進んでいます。同社のコンプレッションモールディング装置の技術は、半導体の微細化に最適な技術を有している事や、モールディング装置工程で使用される樹脂廃棄量が0と環境にも配慮を行っていることから、今後の半導体需要の拡大に合わせ同社の成長も期待ができます

5月28日に発表した2021年3月期の連結業績予想でも、売上高が前年同期比+14.8%の290億円、営業利益も同+146.2%の20億円になる見通しであるとしています。前期に完成したマレーシア新工場に加え、新たにめっき設備を有する金型工場の建設を中国で開始しました。既存の中国の営業拠点と提携することで、これまでよりさらに、半導体の生産・消費大国である中国での販売先獲得を見込んでいます

株価は良好な決算の見通しなどを背景に年初来高値を更新し上昇の勢いを強めています。半導体関連銘柄で構成するフィラデルフィア半導体株指数(SOX)が史上最高値を更新するなど、半導体関連銘柄に資金が集まりやすい状況が続いており、同社の株価もここ数年来の高値である2000を目安に、ここからさらに上昇していくのではないかと予想します

7月8日終値:1416円  目標株価:2100円  損切りライン:900円  保有期間:4カ月間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です