7月24日 注目銘柄 アンリツ

本日の注目銘柄 6754 アンリツ

アンリツは主に2つの事業を展開しており、売上比率の7割を占める主力の「計測事業」では、携帯電話などのモバイル端末、光ファイバー網や無線基地局などの通信インフラ、様々な機器に組み込まれる通信用電子部品などの開発、製造、建設・保守などを行っています。また、2つめの「PQA事業(プロダクツ・クオリティ・アシュアランス)」では、食品・薬品・化粧品産業向けに、製品への混入異物を検出するX線異物検出機や、高速高精度な計量を行う重量選別機などの生産管理・品質保証システムを提供しています

5Gは従来の通信規格に比べ、データ通信は高速化・大容量化をすることが可能になります。一方で5Gに使う高い周波数帯は遠くまで飛びにくい性質上、多くの基地局を必要とします。しかし、国内の5G基地局の数は圧倒的に足りておらず、総務省は23年度末に国内の5G基地局を21万局(従来目標の3倍)に増やしていくとしました。5Gの本格的な商用化に向け官民が一体となり取り組みを強める中、5G関連の計測機器で世界的なシェアを誇る同社の製品は、今後も引き合いが高まることが予想されます

「PQA事業」においても、異物混入に対する顧客の関心に加え、人手不足による自動化ニーズ高まりを背景に、食品生産ラインの自動化、省人化を目的とした設備投資が堅調です。今後も、働き方改革などによる業務の自動化に対すニーズは引き続き推移するとみられ、同分野の業績も更なる成長が見込めます 4月7日に発表した2020年3月期の決算は、売上高が前年同期比+7.4%の1070億円、営業利益も同+54%の174億1300万円となっています。5Gの商用化による計測需要の拡大やPAQ事業の成長を背景に、21年3月期も売上高は前年同期比+2.8%増の1100億円、営業利益も同+0.5%の175億円と増収増益を見込んでいます。株価は7月に入り横ばいで推移しているものの、今月に入り信用の売り残が増してきており、今後の買い戻しによる株価押し上げが期待されます

7月22日終値:2480円  目標株価:3000円  損切りライン:2100円  保有期間:3.5カ月間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です